みかんの大冒険(改)

放浪好きの放浪記~Que sera sera~

フランス周遊の旅〜アルル〜

アルルの女や晩年のゴッホが愛した街で有名なアルル

バックを駅前の貸自転車屋さんで預かってくれるはず。

えーっと…1日5ユーロか…

あれ?閉まってる(汗)


じゃあああ!しょーがない!背負うか!!

こういう事もあるかとエイミーちゃんを連れて来たんだし!


旧市街に入る門をくぐると、一瞬でこの町が好きになった。

細い入り組んだ路地に入ると

木が建物に張り付いている。

枯れてるけど…ブドウの木だって張り付いている。

迷路の様な中世の路地をさまよってると


ふむふむ^ ^

アルルは、紀元前1世紀カエサルの時代にローマの植民地になる。

円形闘技場は75年頃建設


古代劇場

数本の大理石の柱を残すのみ


サン・トロフィーム教会

ふむふむ^ ^

中世にはスペインのサンディアゴ・デ・コンポステラの巡礼路にある教会として、多くの巡礼者が訪れた。

ああ(^。^) いつかは行きたいサンディアゴ・デ・コンポステラ!

…って言うことは

あった!巡礼の印!ホタテの貝殻のマーク!

ふむふむ^ ^

入口上部にある半円形のアーチの部分には「最後の審判」をモチーフにした彫刻が施されている。

迷宮を抜けるとローヌ川


結局、エイミーちゃんはガラガラ引いて散策(°▽°)

だって腰にくるんだもん( ̄▽ ̄)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。